トップページ > 観光案内 > 冬の観光案内

観光案内

滋賀県観光情報

冬のびわこ縦走雪見船ですばらしい景色を ~冬のびわこ縦走クルーズ~

びわ湖の冬の風物詩"雪見船"クルーズ。
近江八景「比良の暮雪」で名高い、冬の比良山系を眺めながら、冬のびわこ縦走クルーズを楽しむことができます。大津と長浜を結ぶ航路で、大津の「坂本盆梅展」や「長浜盆梅展」をめぐるには、非常に便利です。びわ湖・滋賀を丸ごとお楽しみください。

【びわこ縦走雪見船について】
1月中旬~3月上旬まで、大津プリンスホテル港~大津港から長浜港まで、冬のびわ湖を縦走する「雪見船」が運航されます。白く雪化粧した山々、びわ湖へ飛来する水鳥など、冬のびわ湖の景色を眺めながら、片道約3時間の船旅をお楽しみいただけます。

【坂本盆梅展】
盆梅展といえば、長浜盆梅展が有名ですが、豊かな自然と数多くの歴史的文化遺産に恵まれた、名勝庭園旧竹林院でも「坂本盆梅展」が開催されます。野梅、咲き分け及び枝垂れ梅の開花が美しく、霊峰比叡のもみじや松等、古木銘木の置き台も鑑賞して頂けます。付近の穴太衆石積み、せせらぎのある広大な比叡山麓の散策もできます。 坂本盆梅展を見て、ゆっくり大津のまちを楽しみ、翌日、船で雪景色を見ながら湖北へ向かうというのが人気のコースとなっております。

【湖面に輝く冬のイルミネーション】
湖岸にスッと美しくそびえたつのが大津プリンスホテル。高さ12mのイルミネーションツリーが点灯されます。LED電球を使い環境にも配慮したツリーは2月中旬まで楽しめます。
また、大津港沖合には世界最大級の噴水びわ湖花噴水があります。時間ごとに形が変化してゆく噴水は日没には緑・橙・白の3色でライトアップ。レイクサイドにロマンティックな演出をしてくれます。


ページトップへ